超高齢化社会における有料老人ホームの役割

  • 有料老人ホームは介護付と住宅型と健康型の3種類

    • 有料老人ホームは介護付と住宅型と健康型の3種類で、どれも民間施設です。



      居住スペースは個室になります。


      介護付有料老人ホームは、特定施設入居者生活介護の認定を受けているのが特徴です。

      要介護度が高くても入居できます。



      介護スタッフが施設内に24時間常駐していますので、緊急時の対応ができます。

      また、看護師が常駐している施設では、経口摂取などに問題がある入居者への対応もできます。
      住宅型有料老人ホームは、軽度の要介護者と要支援と自立している高齢者を受け入れる施設です。



      施設内スタッフは見守りと食事と掃除などの身の回りの世話や緊急時の対応などです。


      介護が必要な場合は、自宅と同じく訪問介護や通所介護などのサービスを利用することで施設に住み続けることができますが、介護サービスの利用が多くなると費用が高くなります。

      また、施設によっては要介護度が高くなると退去する契約になっているところもありますので、事前に調べておく必要があります。健康型有料老人ホームは、要支援や自立している高齢者を受け入れる施設です。

      食事や掃除などの家事を施設内スタッフに依頼できます。

      生活を楽しむためのトレーニングルームや、図書館などの設備が充実しているのが特徴です。
      また、近隣の医療機関と提携している施設が多く、定期的なメディカルチェックや必要な治療を受けられます。
      要支援状態は、外部サービスを利用することで対応できます。


      しかし、要介護度が高くなったり日常的に医療ケアが必要になった場合、退去する必要があります。

top