超高齢化社会における有料老人ホームの役割

  • 有料老人ホームの食事サービスについて

    • 有料老人ホームに入居すると高齢者にとってうれしい食事のサービスや掃除・洗濯・健康管理などの生活支援サービスを受ける事が出来ます。

      入居者の食事サービスは適切な時間に提供されるだけでなく栄養面や本人の希望に配慮した献立を元に健康状態や咀嚼・嚥下能力に応じた介護食・糖尿病などの治療食が提供されています。


      高齢者にとって食形態を間違えれば、食べにくいだけでなく誤嚥性肺炎と呼ばれる、食べ物が肺に入ってしまい肺が炎症を起こしてしまう状態に繋がります。最悪の場合入院や死に至るケースもあり大変危険な病気です。



      その為、食形態としてソフト食・キザミ食・ミキサー食など医学的な処方のもと行う事がリスクを回避する上でも大変重要となります。
      有料老人ホームによってオプションですがソフト成形食が提供される事もあります。
      ソフト成形食とは調理した食材を1度砕き、再度その食材の形に成形し見た目は普通食と変わらない手の込んだソフト食が存在します。



      なお有料老人ホームでは管理者・事務職員・生活相談員・介護士・看護師・機能訓練指導員・ケアマネージャー・調理員・栄養士など施設のタイプやサービス内容に見合った職員を配置する事が義務付けられているので、高齢者にとって安心で安全な生活の場を提供する事が出来ています。



      食事ひとつとっても、健康状態を悪化させ最悪の場合は死に至る重要な問題です。専門的な医学的な知識のもとリスクを回避していく事が重要です。

top