超高齢化社会における有料老人ホームの役割

  • 超高齢化社会における有料老人ホームの役割

    • 日本は今、高齢化社会ではなく、超高齢化社に突入していると言われています。65歳以上の人口の割合は年々増えており、総務省の統計によると、2025年には日本の全人口の約3割が65歳以上になると推測されています。
      しかし、それとは反対に高齢者を支える人口、つまり若い世代の人口の減少も同様に総務省の統計により、算出されています。


      人は誰でも年齢を重ねれば、怪我や病気、体調不良、体力の低下が付き物です。

      そうなれば必ず介護者、つまりは家族や近親者の助けが、生きていくには必要になってきます。

      しかし、様々な事情で介護が必要な方々が必要な介護を受けられるわけではありません。



      私達が安全に、安心して長生きする為には、マンパワーだけでなく、どこで生きていくか、という観点を考え直す必要があります。


      そのひとつとして、有料老人ホームという場所が挙げられます。


      有料老人ホームは介護が必要な方や介護までとは行かないが、生活に僅かな支援が必要な方など、受け入れが広く、職員も介護士や看護士が常駐しており、医師による定期的な往診等も備わっています。



      また、場所によってはリハビリの専門スタッフが常駐しているなど、施設によって提供している福祉サービスは多種多様です。

      毎日の生活も単調な生活にならないよう、職員は色々なイベントを提供してくれます。



      介護士は季節や日々の出来事にそった話題の提供や生活の介護、施設内の散歩や入所している方の趣味活動を一緒に行ってくれます。
      医師、看護士は日々の体調管理や体調不良時の適切な医療処置を提供してくれます。
      リハビリスタッフは毎日の健康維持の為、運動や筋力トレーニング、洋服を着る練習やトイレに行く練習をしたりと様々なリハビリプログラムを提供してくれます。

      有料老人ホームは様々な医療従事者が医療、福祉サービスを提供し、高齢の方達が安全に安心して暮らしていける場所を提供してくれる場所です。

  • 有料老人ホームの基本知識

    • 有料老人ホームに入居すると高齢者にとってうれしい食事のサービスや掃除・洗濯・健康管理などの生活支援サービスを受ける事が出来ます。入居者の食事サービスは適切な時間に提供されるだけでなく栄養面や本人の希望に配慮した献立を元に健康状態や咀嚼・嚥下能力に応じた介護食・糖尿病などの治療食が提供されています。...

  • 有料老人ホームの話

    • 有料老人ホームは介護付と住宅型と健康型の3種類で、どれも民間施設です。居住スペースは個室になります。...

  • 有料老人ホームの知りたい情報

    • 介護問題は現代日本で大きなこととして取り上げられています。誰もが介護をし、介護されることになる可能性が高いといえます。...

  • 有料老人ホームの納得の知識

    • 有料老人ホームは、健康型と住宅型と介護付の3種類あります。健康型は、自立している方を対象にした有料老人ホームです。...

top